フィットネス店舗

【本当に必要ですか?】パーソナルトレーニング(PT)があなたに与えてくれるモノ

PTの必要性

パーソナルトレーニング(以下PTと標記)が流行っていますね。

運動初心者が専門家に指導してもらうことによって、効率よく結果を出すことができます。

しかし、本当にPTはあなたにとって必要なのでしょうか?

そもそも高額です。
運動の度にトレーナーの予約をとらないといけないため、時間の制約も大きいです。大金を支払ったからと言って結果が約束されるワケではありません。

つまり運動のハードルを高くしてしまっている可能性すらあるのです。運動習慣を身に付けるために正しい知識とやり方を学びたかったはず。しかしムダな挫折感を味わってしまうことになりかねません。

この記事ではPTを検討している人が客観視することを目的としています。今一度立ち止まって『本当に自分に必要なのか?』と冷静に考えるキッカケになれば幸いです。

読み進めれば、PTがあなたに必要かどうかを見極めることができるでしょう。

やめた方が良い人とおすすめできる人

PT(パーソナルトレーニング)は運動をベースに食事・睡眠と合わせて以下の課題を解決してくれます。

PTが解決してくれるコト

  1. ダイエット
  2. 体力(筋力)のアップ
  3. 運動による不調の改善

上記3つしかありません。
全ての目的は集約されます。

強いて言うなら、『楽しんで運動をしたい』という情緒的なモノもあります。でもどちらかと言えば本人の問題ですね。トレーナーに求めるには高すぎる買い物です。

以上をもとにPTをやめた方が良い人とおすすめできる人に分けて説明します。

やめた方が良い人は『目的が曖昧な人』

以下のように考えている人はPTをやめた方が良いです。

曖昧な状態の人が対象となります。

運動不足解消や体力増進が目的の人

PTではあなたが目標を達成するために最適な方法を示してくれます。

運動で健康づくりを目指す場合、運動自体が目的となります。深刻な身体的問題を持っていない限りトレーナーにつく必要はありません。

一般的なフィットネスクラブなら、最初に一通りのやり方を指導してくれます。基本的なやり方なら十分です。無料か低料金で対応してくれますよ。

フィットネスクラブでは低額の運動指導(クラブスタッフが実施)と高額のPT(パーソナルトレーナーが実施)を提供してくれます。この2つは似た者同士の大違いなので気をつけましょう。

違いは『目的に対して適切なアプローチ』をマンツーマンで行ってくれるかどうかです。

PTを受講して結果を出せなかった経験がある人

PTでは明確な目標設定と適切なアプローチをしてくれます。しかし実行するのはあくまでも自分自身です。トレーナーとの相性はありますが、人が変わっても内容は大して変わりません。

もちろん挫折は誰しも経験する事です。しかし経験があるのなら一からPTに申込まずともよいです。もっと安い料金のサービスも選択肢に入れましょう。

運動に自信がない人

ダイエットにしろ身体づくりにしろやったことがなければ、方法が分かりませんよね。ただし、運動というのはかなり単純です。有酸素運動、筋トレ、ストレッチングの違いが分かれば大丈夫です。自分でできます。特にこの記事までたどり着くような人であれば自分で解決できるリテラシーは十分持っています。少しでも効率よくやりたいなら低額で継続できるオンラインパーソナルをオススメします。

オンラインフィットネス完全ガイド
オンラインフィットネスの料金相場【完全ガイドマップ】オンラインフィットネスを比較している人必見!国内有力サービス21社を完全比較!価格、目的、手段別に分かりやすく整理しました。あなたに合ったサービスが必ず見つかります!!...

おすすめできる人は『目的が明確な人』

おすすめできるのは、以下の様に目的がはっきりしている人です。

時間を買いたい人

忙しいビジネスパーソンや子育て中の男女のように他に集中しなければならないコトがある人です。PTを受講する事により、効率よく時間と集中力を投資することができるでしょう。

期限が決まっている人

結婚式を控えた女性に多いパターンです。憧れのウェディングドレスを綺麗に着こなすために短期間で体を作り上げます。一生に一度の晴れ舞台なのに失敗はイヤですよね。高額な料金を支払う価値はあるでしょう。

身体の不調がある人

ケガをしていたり血圧等に心配がある人はトレーナーについた方が安心です。運動というのは『もろ刃の剣』の様な一面があります。我流での運動が引き金となり悪化させてしまうことはよくあるのです。

※トレーナーは運動の専門家であって治療はできません。

中間の人はどうする?

上記で挙げた、『やめた方が良い人』と『おすすめできる人』の例はかなり極端ですね。

ほとんどの人はその中間で迷っているはずです。

パーソナルトレーニングを提供してくれるサービスは体験利用を格安で受け入れてくれます。まずは試してみて自分に必要かどうか見極めてみてください。

トレーナーは適切な方法で目的に導いてくれる存在です。実行するのはあくまでも自分自身だというコトを忘れずに!

パーソナルトレーニングの選び方
後悔しない!パーソナルジムの選び方【やめた方が良い人も紹介】パーソナルトレーニングを検討している人は必見!基本的な選び方を紹介します。実はパーソナルは全員にオススメできるものではありません。やめた方が良い人も具体的に紹介しますよ! ...

得られる成果で判断する

PT(パーソナルトレーニング)で得られる成果は以下の3点です。

  1. ダイエットの成功
  2. 綺麗なボディラインの獲得
  3. 肩コリ・腰痛など不調の改善

具体的に説明します。

PTはあなたのダイエットを成功させてくれる

ダイエット成功の要素は、

  • 摂取カロリーと栄養素の調整…食事
  • 太りにくい身体づくり…運動

上記2つです。

良いパーソナルジム・トレーナーならこの2つをコントロールしてくれます。

逆に言えば、食事・運動のどちらかに偏った指導をするようなところであれば失敗する確率は高まります。

綺麗なボディラインには筋トレが必須

身体づくりというのは『筋肉をつける』とイコールになります。

つまり必要箇所に筋肉をつけるために、適切な方法でアプローチしなければなりません。

PTなら効率的に肉体改造を手助けしてくれます。

身体バランスを整え体調を改善する

大前提として、トレーナーは肩コリや腰痛などの治療はできません。

ただし、姿勢の悪化や運動不足、栄養の偏りは何らかの不調を引き起こすことがあります。

PTは運動をベースに健やかな生活を整える手助けをしてくれるでしょう。

知らなきゃ損をするPTの料金相場

PT(パーソナルトレーニング)にかかる料金をあらかじめ理解しておきましょう。ご自身の目的がそれに見合ったものかどうかで判断します。

気を付けておきたいのは、以下の3点です。

PT料金の基礎知識

  1. トレーナーの時間を多く使うダイエット系PTは高額になる傾向がある。
  2. ジム運営の2大コストは家賃と広告。この2つを抑えているジムは安い

ジャンルにより大きく異なる料金

PTの料金相場は、

(高い) ダイエット系PT > 身体づくり、機能改善系PT (安い)

となります。

別にダイエットPTがその他のモノよりレベルが高いわけじゃ無いです。

ダイエットの場合、実際のトレーニングセッション以外にも日々の食事管理をしてくれます。LINEを使ったやり取りなど頻繁にトレーナーとの連絡を交換するんですね。トレーナーの時間をたくさん使う分料金は高額になります。

それに比べて身体づくりや機能改善を目的としたPTでは、トレーニングセッション以外にトレーナーの時間を使いません。

PTジムにより得意としているジャンルは異なります。目的外のジムを選んでしまうと成果もお金も失いますので気を付けてください。

ジムのコスト構造を理解すれば安くPT受講ができる

PTジム運営において3大コストは以下の通りです。

  1. トレーナーの報酬
  2. 店舗家賃
  3. 広告宣伝費

トレーナーの報酬はカットできません。お世話になるトレーナーですからなるべく多くを渡したいものです。

しかし店舗を持たないオンライン型や、広告宣伝を行っていないPTジムなら費用はそれほどかかりません。

同じ内容のPTでもかなり安くPT受講ができます。

パーソナル店舗VSオンライン
【店舗型vsオンライン】パーソナルトレーニングどっちがお得? ダイエットやボディメイクを確実に達成したいならパーソナルトレーニングはオススメです。 ただし専門知識を持ったトレーナーにマンツー...

近い場所を選びましょう

ジム選びの際、最も重視しなければならないことに『通いやすさ』があります。つまり移動に時間がかからないジムを選びましょう。

ジムが長続きしない原因の第一位は『時間がない、忙しい』です。金銭負担や成果が出ないなどよりも大切なのです。

移動時間は極力少なくして続けやすいジムを選ぶべきです。

多くの人がPTジムを選ぶ基準として、口コミ評判や知人の紹介があります。

確かに参考にはなりますが、時間・お金・成果の次にくる指標です。肝心なコトよりも優先するものではないですね。

ABOUT ME
フラッシュパパ
フィトネス業界に20年以上関わっています。長年本気で取り組み培ってきたノウハウには自信があります。一般的なトレーニング論やフィットネスクラブについて初心者向けに発信します。フィットネスというジャンル的にはお手軽なものが好まれる傾向にありますが当サイトでは事の本質を深堀していくことをモットーとしています。長く取り組みたい人は参考にしてみてください。きっと役に立つはずです。健康運動指導士。